宣伝が必要

リアルな店舗は売れないけど、ECサイトだとすぐに売れると、勘違いしている人もいます。しかし、そんなはずはありません。リアルな店舗でも、その場所にあなたの欲し物があると知ってるから購入者が足を運ぶのです。知らないと行きません。ECサイトも同じです。そのURL(住所みたいなもの)に、○○を売っているお店があると知らないことには、誰もアクセスしませんし、購入もないのです。リアルなお店同様、ECサイトでも宣伝が必要なのです。

その方法はECサイトならではで、SEO対策やリスティング広告などが関わってきます。リアルの場合は、ダイレクトメールや電話営業ですが、ECサイトは手法が異なります。宣伝して、アクセス数や認知度をあげてやっと、購入に結びつきます。お店に足を運んでとりあえず見てもらわないことには始まりませんからね。ECサイトの構築にあたり、構築だけでなく宣伝の技術も必要になり、構築を専門業者に依頼すると必ずと言っていいほどセットでおすすめされます。もちろん、費用は別で(追加)かかります。依頼するにも、ある程度の知識は知っておいた方が良いですね、知ってしまうと簡単に自力ででもできることが幾つもありますので。

仕様を決める

サイトの構築にあたり、業者色々と決める必要があります。ECサイト構築の専門業者はあくまでも、提示された仕様に沿ってサイトを作るのが仕事なのです。リアル店舗を考えてみてください、お店のコンセプト、商品の並べ方、机やディスプレイに使う素材、お店の雰囲気は、オーナーが決めますよね。それと同じで、サイトの雰囲気、商品の値段、どういう売り方をするのかはオーナーが決めますので、サイト構築を依頼する前に、仕様を検討したり企画する必要があります。

サイトのデザインはどうしますか、色、雰囲気、配置(商品のデイスプレイ)のような全体に関わることから、商品の購入方法(振込なのか、クレジットカードなのか)や、商品の配送方法など。リアルなお店とは違い、対面で無い分、ケアすることはたくさんあります。ECサイトはあくまでも、お店の面構え部分を担うのものですこ。仕様が決まって入れば、専門業者幾つかに見積もりを出してもらいましょう。大手の場合、人件費などで高めに設定してくるので、よく見極めてください。幾つか見積もりをとって、比較することでおおよその相場が見えてくるので、それから発注しても遅くはありません。最初から1つに絞ってしまうと危険です。

PICK UP>>>MODD
ECサイト構築を担っているサイトです。

ECサイト構築

お店を持たずに、インターネット上にお店を作る、それが実現できるのがECサイトです。昨今インターネットやパソコン、スマホの普及により、お店もリアルな店舗とECサイト両方で収益を上げる方法をとっているお店もありますし、リアルな店舗は家賃がかかるからと、ECサイトのみで売り上げを上げている個人経営者もいます。実際に売りたい商品はあるけれど、ECサイト構築をどうしたらよいのかが分からず困っている人もいるでしょう。そんなあなたはECサイト構築の専門業者へ依頼するのが話が早く、あなたの思うデザインや雰囲気に仕上がります。

大手やベンチャー企業、フリーランスに依頼など幾つか方法はあります。ECサイト構築を請け負う会社(個人)は多くて選び切れないのも実情ですし、大手などであれば、それなりの費用がかかるので、費用対効果を考えから検討してください。また費用を少し抑えるのであれば、フリーランスや、ITの専門学校生などにバイトで構築してもらうのも手です。ECサイト構築を依頼するには、こちらも準備が必要です。単に構築依頼だけでは、あなたの思うサイトになりません。サイトのイメージ、何を商品として売るのか、購入方法はどうするのか(銀行引き落とし、クレジットカードなど)、お店のコンセプトなどの仕様は専門業者と詰めていくことが必要です。またサイトを構築さえすれば、商品が売れると思っていませんか?そうではありません。これはリアルな店舗でも同じで、知ってもらうことが必要なのです。